今日から旅に出ています

webライターの日常と、国内旅行のあれこれ

【上高地】朝の大正池は幻想的だった

上高地の大正池。

皆さんはご覧になったことがありますか?

とっても幻想的で、ここに来てよかったって気分に浸れますよ。

朝早く動いたら、素敵な風景にニンマリすること間違いなし。

そんな上高地は大正池の姿をご紹介します。

2015年秋の風景をご紹介しています。

情報は2019年最新のものを最後に掲載していますので、そちらもご覧ください。

 

f:id:river-s:20190902173257j:plain

 

 

大正池ホテルから散策開始

平湯あかんだな駐車場から、バスに乗って。

最初に目指したのは、大正池です。

バス停は、大正池ホテル前。

停留所を降りてもホテルがあるので景色は広がりませんが、雰囲気だけは上高地。

空気が澄んでいます。

息をしているのかどうかわからなくなる、って言うと「大げさだなぁ」って言われるんですが、そんな場所ってあるんですよ。

澄んだ空気を吸い込んで、いざ散策路へ。

 

f:id:river-s:20190902173207j:plain

 

バスを降りると、空気の冷たさを感じます。

準備していた薄手のダウンジャケットを着込んで、散策開始。

トイレはここで済ませてくださいね。

 

f:id:river-s:20190902173227j:plain

 

静かだな~と思っていたのですが。

意外とお客さんはいます。

大正池ホテルに泊まった方たちかな?

こんな楽しみ方もあります。

いつかは皆さんと一緒に楽しんでみたい。

 

f:id:river-s:20190902173242j:plain

 

幻想的な風景が広がります。

皆さん、静かにこの風景を眺めていらっしゃいます。

靄が立ち上って、霜も降りて。

こんな風景を存分に楽しめるんです。

ありがたいことですね。

 

f:id:river-s:20190902173316j:plain

 

大正池を静かに楽しめます

写真に収められたのは、少数の方たちです。

他にも楽しまれているので、邪魔しちゃいけないな~なんて思いながらの散策ですが、それはそれで楽しめるもの。

うまく写真が撮れなかったので省いていますが、カモが泳いでいたりするのを「かわいいですね」なんて話しながら眺めたりしていたんですよ。

同じような雰囲気を好む人たちばかりだったので、のんびり、ゆっくりできました。

 

f:id:river-s:20190902173332j:plain

 

大正池の現状

この大正池は、焼岳が大正4年に噴火してできた、湖ともいわれた場所。

梓川がせき止められてできたんです。

上流からの土砂によって浅くなっているのが現状。

水力発電にも使われているからですが、これが自然の摂理です。

上高地の観光シーズンが終わった頃、浚渫作業が行われています。

 

f:id:river-s:20190902173347j:plain

 

立ち枯れた木々も幻想的でしょ。

北海道好きな私としては、ナラワラとかトドワラを思い出してしまいます。

この風景を眺めながら朝ごはん、ってのも良かったかも。

このときの私は、写真撮るのに必死でした。

 

f:id:river-s:20190902173405j:plain

 

焼岳と大正池。

方角的に早朝からの散策は影になってしまいますが、それはそれで素敵です。

静かな雰囲気が漂ってきますからね。

まだ少し早いですが、早秋を楽しむには最適な場所かも知れません。

 

www.kamikochi.or.jp